「強迫性障害TOPICS」の記事一覧

加害恐怖とは

誰かを傷つけてしまった? 康太は父親のボルボを運転していた。 ある日、運悪く路地から飛び出して来た子供と接触してしまった。 幸い大した怪我ではなく、かすり傷程度で済んだのだが ここから彼の地獄が始まった。 Related・・・

強迫性障害、薬と治療

外出する際に鍵をかけたか、ガスの元栓を絞めたか、電気を切ったか、何度も同じ確認を繰り返さなければ気が済まないといった行為を繰り返す症状は典型的な強迫性障害です。 また、汚れやばい菌が落ちないのではないかと感じ、何度も手を・・・

パニック障害とは

パニック障害とは強い不安感を主な症状とする精神疾患で、強迫性障害の一部です。 基本的な症状は「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の3つに分けられます。 パニック発作 突発性の強い不安を感じます。 身体的症状(自律神経・・・

強迫観念・強迫行為をチェック

あなたが感じている強迫観念、あなたがやっている強迫行為をチェックしてみましょう。 大事なことは「当てはまる数」ではありません。 当てはまる症状の重さ、深さが問題になります。 エール・ブラウン強迫観念・強迫行為尺度症状評価・・・

保存強迫とは

達矢は呆然と立ち尽くした。 ある事件の処理を依頼するために、知り合いの弁護士事務所を初めて訪ねた時のことだ。 これがまさにゴミ屋敷だったのである。 Related posts: 加害恐怖とは 強迫性障害、薬と治療 強迫観・・・

醜形恐怖(身体醜形障害)とは

誰が何と言おうと、私はブスだ。 特にこの団子鼻のカタチは最悪だ。 何度整形手術を受けても、イメージはどんどんかけ離れてゆく。 それどころか、鼻筋も曲がってしまい、鼻の穴の大きさが左右で違ってしまった。 もう、ほとほと疲れ・・・

疾病恐怖症とは

ついにこの時が来たか、と思った。 武史は人間ドックで「肺に影がありますので、精密検査をしましょう」と宣告されたのだ。 思えば18歳から20年間、毎日30本は吸っていたのだ。 肺ガンのリスクはもちろん知っている。 Rela・・・

不潔強迫とは

義和は週に2回はコースに出るほどのゴルフ好きである。 いつもの通りプレーを終えて風呂に入る。 プレーの後で湯船にゆっくりと浸る気分は最高だ。 しかしある時、カラダを洗うため椅子に座ろうとしたときのことである。 何か椅子が・・・

確認行為とは

「今日はちゃんと出かけられるだろうか?」 恭子は最近毎日のように心の変調を感じていた。 そう、出かけても玄関の鍵をかけたかどうか、心配で何度も家に戻ってきてしまうのである。 ちゃんと確認して出かけても、100メートルも歩・・・

数唱強迫とは

信号が青に変わり、晴美は横断歩道を歩き出した。 1,2,3,4,5歩……… 渡り終えた時、晴美の心に暗い影が差した。 そう、「13歩」だったのだ。 ちょうど13歩で横断歩道を渡ってしま・・・

自臭症とは

アキラは自臭症で苦しんでいる。 他人から指摘されたことはないが、脇が臭いのだ。 夏場はもちろんのこと、冬の寒い日でも、暖房の効いている暖かい部屋では、ジワっと脇の下が濡れてくるのだ。その汗は、自分でも我慢できないほど臭う・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ