加害恐怖とは

誰かを傷つけてしまった?

康太は父親のボルボを運転していた。

ある日、運悪く路地から飛び出して来た子供と接触してしまった。

幸い大した怪我ではなく、かすり傷程度で済んだのだが

ここから彼の地獄が始まった。

一人で運転できなくなってしまったのだ。

運転する時は誰かを助手席に同乗させるのだが、運転中は前方から一切目が離せず、ちょっとでも横を向いただけでも同乗者に「今、前は大丈夫だったか?」といちいち確認する始末となった。

車庫入れや駐車にあたっても、出し入れのたびに車の下を覗きこんで、人を轢いてしまったのではないかと、確認するようになった。

運転中も人をはねてしまったのではないかという心配と不安で何度もその場所まで戻った。

これでは歩いたほうが早い、などと言われてもどうにもならないのだ。


1日わずか20分、38日間で加害恐怖・強迫性障害から解放される方法を調べてみる

加害恐怖に陥ると

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

他人を傷つけてしまうのではないか、怪我をさせてしまったのではないか、という強迫観念を加害恐怖と言います。

康太はこうした強迫観念による不安や恐怖を払拭、否定するため、際限なき確認行為を繰り返します。

康太の場合は加害恐怖とそれを緩和するための確認強迫ということです。

他人には知られたくないような失敗や恥、そんな過去の出来事の記憶を刺激するような偶然の体験が引き金となって強迫性障害が発症するというケースもあります。


康太は焦った。

前から歩いてくる小さな子どもに対して、思わず蹴り倒してしまうのではないか?という妄想を抱き出した。

傘を持っていれば、その傘で相手を突いて怪我をさせてしまうと思うと、雨の日だろうと傘も持てなくなってしまっている。

なんでこんなことになったのか?

交通事故なんて珍しい話でもないのに、

自分だけが、なぜ?


1日わずか20分、38日間で加害恐怖・強迫性障害から解放される方法を調べてみる

当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!
恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。


1日わずか20分、38日間で加害恐怖・強迫性障害から解放される方法を調べてみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ