保存強迫とは

達矢は呆然と立ち尽くした。

ある事件の処理を依頼するために、知り合いの弁護士事務所を初めて訪ねた時のことだ。

これがまさにゴミ屋敷だったのである。

外観からは若干妖しげな空気が漂っていたのだが、事務所兼用の自宅玄関を開けると、足の踏み場もなく新聞、雑誌、広告チラシ、洋服、食い散らかしの残飯が所狭しと散乱しているのだ。

「靴のまま上がってくれ」って、事務所とはいえ、普通の日本家屋である。

多分リビングなのだろう。

テーブルの上には食いかけのカップラーメンのすぐ横に裁判関係の書類が崩壊寸前状態に積み上がっている。

洗ったのかどうかも怪しい茶碗でお茶を出されたが茶碗を置く場所もなく、仕方なく六法全書の上に茶碗を載せた。

保存強迫の症状・診断

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

強迫性障害のために「物を集めすぎる」「物を買いすぎる」「物が捨てられない」といった収集癖のために家の内外に山ほど物(ゴミ)を溜め込む人がいます。これが保存強迫です。

すべてのゴミ屋敷やゴミ部屋の原因が強迫性障害ではありませんが、保存強迫によって家がゴミ屋敷化するケースも多いのです。

保存強迫の特徴は「集めすぎる」「片付けられない」「捨てられない」ことです。

さらにこの状態に不安や苦痛を感じることが保存強迫です。

ですから趣味のフィギュアが膨大な数となって片付けられなくなっても、本人が喜んでいる場合は保存強迫ではありません。
保存強迫は本人自身は不要な物だと承知していながら捨てられないのです。

物に支配されてしまう心理状態です。


1日わずか20分、38日間で保存強迫から解放される方法を見てみる


打ち合わせをしようにも、郵送した裁判資料が見当たらない。

「部屋が散らかっていても、本人はどこに何があるのかわかっている」とは言うが、この状況はそんな生易しいものではない。

弁護士を変える!達矢は強く決断した。

当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。


1日わずか20分、38日間で保存強迫から解放される方法を見てみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ