パニック障害とは

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

パニック障害とは強い不安感を主な症状とする精神疾患で、強迫性障害の一部です。

基本的な症状は「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の3つに分けられます。

  • パニック発作
  • 突発性の強い不安を感じます。

    身体的症状(自律神経症状)として動悸、めまい、息苦しさ、ふるえ、などの症状に「気が狂ってしまうのではないか?」「このまま死んでしまうのではないか?」といった恐怖感を伴います。

    しかし体には何の異常もなく、死ぬこともなければ、気が狂うこともありません。

    発作は数分から数十分程度で自然に治まります。

    大事故や大災害を目の当たりにすると、誰でもパニックになることはあります。

    しかしパニック障害の場合は、特に理由もなく、いきなりパニック発作を起します。

  • 予期不安
  • 発作が出ていない時も「またパニック発作が起きるのではないか」と再発を恐れます。

    何度もパニック発作を繰り返すことで二次的に生じてくる不安です。

  • 広場恐怖
  • 発作が起きたときに、そこから逃げられないのではないか、助けを求めることができないのではないか、と不安になり、発作の起きそうな場所や状況を避けるようになります。

    人ごみや電車の中、橋やトンネルなど、症状が悪化すると外出できなくなります。

  • その他の症状
  • パニック障害の半数がうつ病を併発していると言われています。

その他、全般性不安障害やさまざまな恐怖症、不安から逃げるためにアルコールや薬物依存に陥るケースも見られます。

このようにパニック障害はさまざまな精神疾患を呼び込む、極めて危険な病気です。


自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)を覗いてみる

パニック障害の診断チェック

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

パニック障害の診断にあたっては、

  • パニック発作を起こしたことがあるか?
  • その発作は理由もなく、予期せず起こったか?
  • もともと他の精神疾患や身体的疾患を持っていないか?

という3段階で診断・チェックされます。

パニック発作の診断

以下の質問項目中4項目以上の症状を伴った強い不安発作に突然見舞われ、10分以内にその不安はピークに達する

  • 動悸、頻脈
  • 発汗
  • ふるえ
  • 息苦しさ
  • 窒息感
  • 胸痛、胸部不快感
  • 吐き気、腹部不快感
  • めまい
  • 現実感消失
  • 気が狂う恐怖感
  • 死んでしまう恐怖感
  • 感覚麻痺
  • 冷感、熱感

4項目以上に該当した場合は次の予期不安をチェックします。

パニック発作の予期

  • 予期しないパニック発作を繰り返す
  • また発作が起きるのではないかという心配が1ヶ月以上続いている
  • 気が狂う、死んでしまうといった不安が1ヶ月以上続いている

恐らく自分は間違いないと感じたら、パニック発作を起こす可能性のある疾患があるかどうかをチェックします。

パニック障害と類似症状を起こす病気

不整脈、狭心症、肺塞栓症、バセドー病、低血糖、褐色細胞腫、てんかん、前庭機能障害、恐怖症、PTSD、適応障害、うつ病など

これらの疾患を持っていないとなれば、パニック障害の診断が下されます。

パニック障害はさらに危険な病気を引き込みます。

早期発見、早期治療が何より大切です。


パニック障害改善プログラム(サポート有)はこちら⇒

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ