数唱強迫とは

信号が青に変わり、晴美は横断歩道を歩き出した。

1,2,3,4,5歩………

渡り終えた時、晴美の心に暗い影が差した。

そう「13歩」だったのだ。

ちょうど13歩で横断歩道を渡ってしまった。

そしてまたいつもの悪魔祓いの儀式が始まる。

もう一度渡りなおすのだ。

13歩だけはダメだ。12歩でも14歩でもいい。

とにかく「13」は避けなければならない。

バカバカしいことは自分でも十分にわかっている。

でも、この不吉な予感から逃げられないのだ。


恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

数唱強迫とは、ある数字にこだわる、気になる言葉が頭から離れない、といった特徴があります。

特に「4」「9」は普通の人間でも、何か不吉な予感を感じる時もあり、避ける傾向にあります。

しかし、数唱強迫患者の場合は徹底して自分がこだわる数字を避けたり、その回数をくり返したりします。

不吉な数字や言葉、嫌いな数字が気になって頭の中はいっぱいです。

日常生活はその数字や言葉によって支配されてしまうのです。


数唱強迫から解放されたい方のためのプログラムはこちら

今朝起きて時計を見たら7時13分だった。

晴美は何かが起こると思った。

それも、不吉な何かが……

また悪魔祓いの儀式をしなければならない

当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ