強迫性障害の治療

強迫性障害は不安障害の一種です。

あなたの心から不安を拭う「森田療法」「認知療法」「行動療法」などの治療法をやさしく解説します。

強迫性障害から抜け出すのはあなた自身です。

あなたに合った治療法がきっと見つかります。

この辛さ、苦しみから何とか抜け出したい、人生を生き直したいと思うなら

1日わずか20分、38日間で強迫性障害から解放される方法を体験してみましょう。

やれることはやってみる、強迫性障害を改善するためには「一歩前に出る勇気」が必要です。

強迫性障害の治療-精神療法

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

強迫性障害は不安障害のひとつですから、基本的治療は恐怖症、適応障害、PTSD等と同様に、認知行動療法や森田療法を用いるのが一般的です。

認知行動療法

認知行動療法とは、強迫観念を「認知の歪み」と捉え、その歪みを修正する過程を通して、合理的な判断力を取り戻そうという認知療法と、不安や強迫観念を追体験しながら、自らの意思で不安や恐怖を克服していこうという行動療法が組み合わされた治療法です。

認知行動療法の詳細はこちらへ

森田療法

強迫性障害は間違った認識に基づく誤った方向の行動の積み重ねによって出来た「とらわれ」が原因になっていると考えています。

ですから不安や恐怖を取り払うのではなく「受け入れること」で「とらわれ」から脱出することで症状を改善しようとする治療法です。

強迫性障害の治療-薬物療法

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

強迫性障害の原因の一つとして、脳内神経伝達物質のセロトニンの作用が弱くなっていることが上げられます。

そこで、うつ病などの治療にも使われる抗うつ薬SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)を服用して、脳内神経伝達物質の一つ「セロトニン」の量を調節し、治療します。

薬の効き目は人それぞれによって違いがあります。

自分勝手な判断で薬の服用を中止したりせず、医師の指示に従うことが大切です。

薬物には頼りたくない、といった方は

1日わずか20分、38日間で強迫性障害から解放される方法を体験してみましょう。

当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】

恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ