先端恐怖症とは

先端恐怖症とは、針や楊枝、箸、ペン、ナイフのような先端の尖ったものを見て意識してしまうとイライラしたり動悸が激しくなったり恐怖感に襲われたりして身体的に異変が現れる恐怖症のひとつです。

具体的には

  • 先の尖ったものを見ると自分に刺さってくるのではないか、と恐怖を感じる
  • 先の尖ったもので他人を刺してしまうのではないか、と不安になる
  • 先端が恐ろしくて、先端をずっと見続けることが出来ない

といった自覚症状から、嘔吐感、動悸、めまい、頭痛、胃痛などの症状が全身に現れます。

先端恐怖症の原因

先端恐怖症の原因は「これだ!」とハッキリ言えるケースは多くありません。

子供の頃の体験がトラウマとなっている、といった原因は恐怖症全般に当てはまります。

また、ストレスやうつ病により引き起こされる症状という見解もあります。

確かに先端恐怖症が重篤化すると、パニック障害に発展するケースもあるようです。

先端恐怖症を克服する

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

先端恐怖症の治療には抗うつ剤などの薬物療法が用いられます。

しかし、先端恐怖症の症状が緩和するのは薬の効果が切れるまでです。

結局「心の中に自分自身で描いた妄想を取り払うこと」以外には先端恐怖症を乗り越える方法はないのかもしれません。

恐怖症の治療には認知行動療法や森田療法など、さまざまな治療法があります。

あきらめたら先に進むことはできません。

ほんのちょっとだけでも一歩前に出る勇気が必要です。


たった60分、2日間で先端恐怖症が改善される方法を覗いてみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ