社交不安障害とは

「手足が震える」「声がかすれる」「大事な時に声が出ない」「頭が真っ白になる」人前での強い不安や、緊張、ずっと悩んでいませんか?それは社交不安障害、対人恐怖症という病気かもしれません。



恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金


社交不安障害(対人恐怖症)の特徴

社交不安障害(社会恐怖)の代表的な病気として「対人恐怖症」のほか、「男性恐怖症」「女性恐怖症」「視線恐怖症」「赤面恐怖症」などが挙げられます。

特徴的な症状として

  • 2人きりで相対するときに、必要以上に緊張する
  • スピーチなど、人前に出て何かをすると強い不安で手や足が震える

もちろん、とんでもなく偉い人と1対1で話したり、好きな女性と2人きりになったり、あるいは大勢の前で一身に注目を浴びるような場面では、だれでも緊張するものです。

本来なら多少手が震えたりしても、場数を踏むうちに慣れてくるものです。

しかし社交不安障害、対人恐怖症の人たちは、いつまでたっても慣れるどころか、かえって心身に支障をきたします。

  • 知り合いの集まりに入ってゆく
  • 会社で電話をする
  • みんなと食事する
  • 人前で字を書く
  • えらい人の前で話をする
  • よく知らない人と話をする
  • 初対面の人と会う
  • 会議で意見を言う
  • 注目を浴びる
  • 誰かに誘いをかける
  • 商品を返品する

このような場面に遭遇した場合、無理に自分を押し殺してその場面に適応しようと努力すると、対人恐怖症の人は動悸、息苦しさ、吐き気、手足の震え、口の渇き、赤面、発汗といった生理的反応が強く身体に現れます。

こうした強い不安や恐れを回避するため、また人に気づかれたくないために、対人恐怖症の人は周りの人間との関係や、人前での行動を避けるようになります。

もちろん日常生活にも支障をきたします。

対人恐怖症の症状が重篤化すると、うつ病やパニック障害なども併発する危険性があります。

しかし、対人恐怖症で恐れることはありません。

特別に稀な病気ではなく、10%前後の日本人が一度は罹患していると言われているのです。

社交不安障害(対人恐怖症)の原因

社交不安障害(対人恐怖症)の人の心に浮かぶのは

  • 失敗したらどうしよう
  • 恥をかいたらどうしよう

という自己保身です。

社交不安障害(対人恐怖症)の人は、自分自身の失敗や不器用さによって周囲から非難や嘲笑を浴びる、といった他律的な恐怖を感じます。

対人恐怖症の原因は、ひとつではなく複数の原因が複雑に絡み合っています。

内気で引っ込み思案な性格や、トラウマとなってしまうような失敗、不安や恐怖感がエスカレートする脳内メカニズムなど、その原因は様々です。

いつも怒られてばかりの幼少期を過ごした人間は自分自身に自信が持てないので、他人の前ではいつもビクビクする不安を抱えてしまいます。

このように考えると、少年時代の育ち方に社交不安障害(対人恐怖症)のきっかけがあるようです。

もちろん年齢に関係なく、30歳、40歳になって発病する方もいます。



恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金


当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】

恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。


恐怖症改善バイブル


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ