電話恐怖症・着信恐怖症

電話恐怖症・着信恐怖症とは、自分の携帯電話に電話やメールがかかってくることに恐怖を感じるというもので、最近の若い世代に電話恐怖症・着信恐怖症が急増しているようです。

電話恐怖症・着信恐怖症の原因

電話に出られるにも関わらず、あらかじめ留守番電話でメッセージを確認し、心の準備をしなければ通話ができないという若者がいます。

これは子供の頃からTVゲームに熱中してコミュニケーション能力が育たずに大人になることが大きな要因となっていると指摘する専門家もいます。

また、上司から頻繁にかかってくる電話に追い詰められてうつや動悸、頭痛、嘔吐感に悩まされる「電話恐怖症」を発症するケースも急増しています。

逆に上司からの電話に気づかないことを恐れて、ポケットの携帯が、着信してもいないのに振動していると錯覚する人(幻想振動症候群)

  • 電話の取り逃しを防ぐために、歩行中は必ず携帯を手に持つという人
  • トイレの個室の中でも上司の電話に応対する部下

こうなると、もう明らかに「病んでいる」と言わざるを得ません。


たった60分、2日間で着信恐怖症が改善される方法

『着信アリ』で着信恐怖症になった

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

秋元康、企画・原作の『着信アリ』はホラー映画ではあるものの、まさに現代社会の病巣を見事に描いた傑作でした。

ある日、女子大生・由美が合コンに出席していた時のこと。彼女の友人・陽子の携帯電話が聞き覚えのない着信音で鳴った。確認すると、陽子自身の番号で発信され、伝言メッセージには彼女の悲鳴にも似た声が録音されている。また、着信は3日後の時刻という何とも気味の悪い現象だった。やがて3日後のその時刻、陽子はあのメッセージと同じ悲鳴を上げて転落死した。数日後には、同じ合コンの席にいたケンジも自分の声の着信メッセージを受け、やがて陽子と同様の不可解な死を遂げる。そしてその恐怖は、由美の親友・なつみの携帯電話にも及んでいた…。
<allcinema>より引用

管理人である私も、その昔「着信恐怖症・電話恐怖症」の経験があります。

商売上のトラブルで「その筋」の人に追いかけられ、24時間携帯に電話がかかってきました。

当時は着信履歴など表示されない携帯電話でしたので、電話に出なければ誰からかかってきたのかも分かりません。

もちろん着信拒否機能なんてものもありませんでした。

まさに着信恐怖症、電話恐怖症の恐怖感を肌で感じたのです。

着信恐怖症、電話恐怖症などというと大した病気ではない、などと思っていると大変な目に遭います。


たった60分、2日間で着信恐怖症が改善される方法

当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】

恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。


たった60分、2日間で着信恐怖症が改善される方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ