恐怖症の症状と原因

「なぜ、こんなことが恐ろしいのか?原因が思い当たらない」これは、恐怖症患者の大半に共通しています。

恐怖症の様々な症状から、あなたにまとわりつく恐怖症の原因を探ってみましょう。

10人いれば10人の原因があります。

恐怖症の特徴

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

何かに怖がることは人間として当たり前のことですが、それにはハッキリとした理由があります。

例えば、いきなり野生のヒグマと3mの距離で遭遇した場合、恐怖を通り越してパニックになる人が大半です。

しかし、飼いならされた子犬が尻尾を振ってそばに寄ってきた時に、恐怖を感じるのは病的であり、動物恐怖症と言っても良い症状でしょう。

つまり誰もが恐怖を感じる場面に出会って、恐ろしいと感じるのは恐怖症ではありません。

「どう考えたって怖くないだろう」「何が恐ろしいのかサッパリわからない」など、他人には理解不能な物事や状況を異常なまでに恐れ、回避しようとする症状が出たら「恐怖症」です。

日本人の10人に一人は恐怖症の病歴があると言われており、アルコール依存症やうつ病と並んで精神疾患ではポピュラーな病気です。

あなただけでの症状ではないのです。

もし、今あなたが恐怖症の症状で苦しんでいるなら、以下の恐怖症改善プログラムが有効となることもあります。覗いてみてください。

たった60分、2日間で恐怖症が改善される方法⇒あらゆる恐怖症改善に対応

1日わずか4分、自己催眠トレーニングで恐怖症から脱出する方法⇒対人恐怖症改善に対応

恐怖症の症状

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症の症状は「広場恐怖」 「社交不安障害(社会恐怖)」 「単一恐怖」それぞれに違いがあります。

しかし、共通することは

  • 恐怖の対象に触れると、極度の不安、緊張、恐怖を感じる
  • 恐怖の対象を回避しようとする
  • 恐怖の対象に出会うのではないか、という予期不安を感じる

その結果、具体的な症状として

  • パニック障害
  • 引きこもり
  • 自律神経の不調、失調

といった症状が出て、社会生活、日常生活を破壊します。

特に自律神経の不調、失調といった症状は、交感神経が常に優勢に働いている(戦闘・防御)状態ですから、いわゆる「癒し」の世界とは真逆の世界に住み続けなければなりません。

生きてゆくのが辛いのです。

動悸、息苦しさ、めまい、吐き気、喉の渇き、などといった一般的な症状が出たら、真っ先に恐怖症を疑ってみることが大切です。

恐怖症の原因

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症の原因には様々なものが考えられています。

幼少期のトラウマが原因

交通事故にあった、高い所から落ちた、犬に追いかけられた、そんな幼児体験が原因となって恐怖症につながる場合があります。

体質的要因が原因

恐怖症を発症する人間の特徴のひとつとして、ノルアドレナリン性神経細胞やベーター受容体といった脳内細胞や神経が原因のひとつとして関係している場合もあります。

気質的要因が原因

真面目で誠実、細やかで繊細な神経といったタイプの人間が恐怖症になりやすい人、という説はよく聞く話ですが、医学的な根拠はありません。

潜在意識の影響が原因

人間の意識は顕在意識と潜在意識に分かれており、潜在意識が行動の大半を決定づけていると言われます。
この潜在意識には肯定的想念と否定的想念の2つの側面を持ち合わせています。
恐怖症患者はこの否定的想念を異常に強く持っていると言われます。

「100人いれば100人の恐怖症」といわれるぐらいですから、原因も多岐にわたって存在します。

何で怖いのか?どうしてこれほどまでに避けてしまうのか?

恐怖症の治療は原因の究明から始まると考えましょう。

当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】

恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。

【自宅で改善する恐怖症改善プログラムの紹介】

あらゆる恐怖症改善に⇒たった60分、2日間で恐怖症が改善される方法

対人恐怖症改善⇒1日わずか4分、自己催眠トレーニングで恐怖症から脱出する方法が有効でしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ