恐怖症の治療

「認知療法」「行動療法」など、恐怖症の治療にはさまざまな治療法があります。それぞれの治療について、その方法をやさしく解説します。あなたに合った治療法がきっと見つかるはずです。あなた自身を取り戻すのはあなたしかいません。

恐怖症治療の必要性

恐怖症の一番の治療法、対処法は恐怖の対象に近づかないことです。

完璧に恐怖を回避できれば恐怖症は発症しません。

日常生活にも何の問題もありませんので治療の必要もありません。

自動車運転恐怖症ならば運転しなければいいだけです。

しかし、これが対人恐怖症だった場合どうでしょうか?社会生活が大幅に制限されることは間違いありません。

先端恐怖症の場合など、食事の際に箸を持てない、なんてことにもなります。

ですから、恐怖症の治療といっても、治療の必要性があるかどうかがポイントになります。

テレビで飛行機を見ただけで震えるようなら、飛行機恐怖症の疑い濃厚です。

どうしても飛行機に乗らなければならないようなら治療が必要です。

【自宅で改善する恐怖症改善プログラム】

たった60分、2日間で恐怖症が改善される方法はあらゆる恐怖症を改善するプログラムです。

対人恐怖症に苦しんでいるなら
1日わずか4分、自己催眠トレーニングで恐怖症から脱出する方法が有効でしょう。

恐怖症の治療について

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

恐怖症を克服するためには「恐怖の対象に近づかない」「恐怖に慣れる」この2つしかありません。

場合によっては薬物療法を併用することもありますが、基本的には心理療法が用いられます。

認知行動療法で治療する

うつ病や不安障害(恐怖症、パニック障害、PTSD、強迫性障害等)などの多くの精神疾患に有効とされる心理療法です。

この治療の特徴は

  • 間違った認識によって陥る思考のパターンを、客観的思考へ修正する
  • 回避しようとする恐怖とあえて向き合う
  • 苦しみや悲しみを表に出して気持ちを楽にする

これらの方法を組み合わせてストレスに上手に対応できる精神、心の状態を作ります。

ガイドを参考にしながら自分で出来る、比較的簡単な方法から、精神科医に治療してもらう方法まで、さまざまな場所で活用されています。

自立訓練法で治療する

自律訓練法とは、注意の集中、自己暗示の練習を通して全身の緊張を取り、心身の状態を自分自身でうまく調整できるようになる治療です。

人間の生体活動を司る自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。

人は危険に晒された時、命を守るために交感神経が活発に働いて防御、戦闘体制をとります。

逆に「癒し」「安心」を感じるときは副交感神経が優位となります。

長期にわたってストレスを受け続けると、交感神経が優位に働き続け、心身は常に緊張状態を強いられます。

こうして心身のバランスが崩れ、これが恐怖症を招く原因ともなります。

自律訓練法は交感神経と副交感神経のバランスをうまく調整して客観的で落ち着いた心身の状態を作り上げます。

腹式呼吸法で治療する

ストレスを受けると、人間の体は交感神経が活発に働き、筋肉は緊張し呼吸も浅く速くなります。
こういった時に深呼吸することで、腹式呼吸という方法で副交感神経に働きかけることで気分が安らかになり緊張感が減少して楽になります。
恐怖症の最大の敵は、不安と緊張感です。まず気持ちを楽にしましょう。

エクスポージャー(暴露療法)で治療する

エクスポージャー法は次の二つに分けられます。

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

  • 心配、不安を言語化する
  • トラウマやPTSDが原因となっている恐怖症では、こころとカラダに現れる病的な症状を言語に置き換えることで恐怖症を改善しようとする方法です。

    つまり不安や心配などの悲観的な「思い」を言語で表現することで、不安や心配を心身の症状に現さないようにするということです。

  • あえて恐怖の対象に突入する
  • 「不安になる必要はない」「心配無用」と思えば思うほど、恐怖症患者は恐怖の対象を避けるようになります。

    なぜなら、心配したくないからです。

    しかしこの思考パターンは心配や不安を増悪化することはあっても、恐怖症を改善することはできず、さらなる症状の悪化を招いてしまうのです。

    そこで

    「心配で不安で怖いけれど、あえて恐怖の対象に突っ込むことで、その状況に心身を慣れさせる」というショック療法で恐怖症を改善させます。

    対人恐怖症の場合は、あえて人前でのスピーチを繰り返させることで「そのうち慣れる」的な、かなり刺激の強い治療でです。

    エクスポージャー法は暴露療法というだけあって、素っ裸で自分の身も心もさらす治療なのです。

恐怖症の治療

恐怖症・強迫性障害を克服しましょう!

こうして見てみると、自分で治療できる方法から専門医の治療を受ける必要があるものまで、恐怖症の症状の種類や重症化に合わせて、様々な方法を組み合わせてゆく治療が大切であることが理解できます。

【自宅で改善する恐怖症改善プログラム】

たった60分、2日間で恐怖症が改善される方法はあらゆる恐怖症を改善するプログラムです。

対人恐怖症に苦しんでいるなら
1日わずか4分、自己催眠トレーニングで恐怖症から脱出する方法が有効でしょう。

当サイトの歩き方

恐怖症・強迫性障害を乗り越えるために【症状・原因・治療】

恐怖症の種類一覧
恐怖症の精神診断チェック
恐怖症の症状と原因
恐怖症の治療

強迫性障害の種類一覧
強迫性障害の精神診断チェック
強迫性障害の症状と原因
強迫性障害の治療

恐怖症TOPICS

強迫神経症トピックス

症状に合わせて使って下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ